シンママで貯金なしなのはおかしくないんです!

シンママの切実な悩みといえば、ずばり『貯金』ですよね。

 

毎日頑張って働いているシンママですが、児童のいる世帯の平均年収が658万円であるのに対し、シンママ世帯では291万円と収入が全体的に少なくなりがちです。
また、就労形態によっても収入に差があり、パートやアルバイトの場合はさらに少なくなってしまうことも。

 

年収がどうであれ、出費はどこの家庭でもほとんど差がないですから、シンママ世帯の貯金がゼロだとしても仕方ないことなのです。

 

 

シンママ世帯の気になる貯金事情

 

『我が家の貯蓄額は多い?少ない?』
『みんな貯金はどれくらいあるの?』

 

貯金事情というのはどうしても気になってしまうものですよね。
一般的なシンママ世帯の貯蓄額はどれくらいなのでしょうか?

 

シンママ世帯の平均貯蓄額は332万円ですが、全体で見れば貯蓄額が100万未満の世帯が半数以上となっています。
さらに、このうちのほとんどの世帯で貯蓄額が50万円以下であることから、家計に余裕のないシンママ世帯は珍しくないということが分かりますね。

 

 

シンママ世帯での出費はどれくらいかかるの?

 

食費や光熱費、家賃といった生活費は家計を圧迫します。
ここでは一般的なシンママ世帯での主な出費項目や費用についてまとめました。

 

・家賃:2万5千〜5万円
・光熱費:1万〜1万2千円
・通信費:6千〜1万1千円
・保険料:1万5千〜3万円
・食費:1万〜2万5千円
・日用品費:3千〜5千円
・教育費(学費含む):5千〜2万円
(就学前の子どもが1人いる場合)

 

子どもの年齢や家庭状況によって差はありますが、毎月の出費は上記の範囲内に収まることが多いでしょう。

 

 

子どもの成長ステージによって変動する出費とは?

 

子どもが成長するにつれて、教育にかかる出費も変動します。
成長ステージごとにかかる出費はどれくらいなのか確認してみましょう。

 

・小学校
公立:10万円/年
私立:85万円/年

 

・中学校
公立:17万円/年
私立:100万円/年

 

・高校
公立:25万円/年
私立:70万円/年

 

・専門学校/大学(入学〜卒業まで)
専門学校:300万円
国立大:515万円
私立大:700万〜800万円

 

このほか、塾や習い事をさせれば別途費用として年間15万〜30万円かかります。

 

 

他の家庭と比べて落ち込む必要はありません!

 

年収はもちろん、生活や教育にかかる費用は世帯によって大きく異なります。
家族構成や年齢、世帯状況といった要素も加えると、まったく同じ状況の家庭は存在しないと言ってもよいほどです。

 

シンママはたくさんのプレッシャーがかかるものです。
他の家庭と比較して落ち込んでしまうかもしれませんが、比較する必要はありませんよ。

 

 

シンママにオススメ!安心のチャットレディサイト

 

貯金をもうちょっと増やせたら…と悩んでいませんか?
そんなシンママにオススメのチャットレディサイトはこちらです。

 

DMMライブチャットガール

 

・業界高水準の報酬料率50%!
・待機保証キャンペーンがあるから安心♪
・商品交換ができるポイントサービス付き

 

ガールズチャット

 

・女性支持率ナンバーワンのチャットレディサイト
・ライフスタイルに合った働き方が選べる!
・男性会員数は業界最多♪

 

ミンジョブ

 

・メールだけでお仕事ができる♪
・運営実績6年だから安心&安全
・好きなときに好きなだけ稼げちゃう!